高橋大輔が現役続行明言「B級戦に」国際大会も視野

日刊スポーツによると。

昨年7月に現役復帰したフィギュアスケート男子の高橋大輔(32=関大KFSC)が、来季の現役続行を明言した。12日、都内で行われたイベントに出席。今年の目標について「現役を辞めるつもりは全くない。(国際大会の)B級戦に出られたら出たいと思います」と現役続行に加えて、今季は見送った国際大会の出場を視野に入れた。

公の場に姿を現したのは、2位に入った昨年12月の全日本選手権以来。全日本のフリーで4回転ジャンプが跳べなかった悔しさがあり「ショートとフリーで1本ずつ」と、来季はショートプログラム(SP)とフリー両方で4回転ジャンプを組み込むという。4回転は現在、トーループしか跳べないが「成功できるように頑張りたい」とサルコーにも挑戦する。今年の全日本出場も見据えており、進化した姿を世界でも国内でも披露する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA