本田真凜、雪辱の2019年へ“初滑り” 会場から大きな拍手を浴びる

デイリースポーツ によると。

 フィギュアスケートのアイスショー「名古屋フィギュアスケートフェスティバル」が5日、名古屋市ガイシプラザで行われ、本田真凜(JAL)が“初滑り”した。

 今季のSP「セブン・ネーション・アーミー」を披露。3回転ループを着氷するなど、笑顔で演技を終えた。アンコールでは今季のフリー「ラバーズ」を情感たっぷりに演じ、会場から大きな拍手を浴びた。

 2018年は、春から拠点を米国へ移すも、思うような成績を残せず苦しんだ。雪辱を誓う2019年。力強い演技で幕を開けた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA