キム・ヨナ、暴漢に刺殺され死亡したデニス・テン選手を追悼 「まだ信じられない」

WoW!Koreaによると。

 カザフスタンのフィギュアスケート選手、デニス・テンが暴漢に襲われて死亡した。享年25歳。

 デニス・テンは去る19日、カザフスタン・アルマトイで自身の乗用車のバックミラーを盗もうとしていた2人組の男ともみ合いとなり、男らが所持していた凶器で太ももを刺されたという。

 現地メディアの報道によると、デニス・テンは病院へ緊急搬送されたが、出血多量で約3時間後に死亡が確認された。

 突然の悲報が世界を駆け巡り、韓国の元フィギュア女王=キム・ヨナは追悼文を記載した。去る2014年、ソチ五輪のガラショーでデニス・テンとダンスパートナーとしてショーを披露。これが縁となり、デニス・テンはキム・ヨナの所属事務所と契約を結んだ。

 キム・ヨナは20日、自身のInstagramにデニス・テンとのツーショット写真を掲載し「悲劇的な知らせを聞き、大きな衝撃を受け、まだ信じることができません。彼は本当に誠実で、フィギュアスケートをとても愛した選手でした。情熱的ですばらしいスケーターを失い、とても悲しい。故人のご冥福をお祈りいたします」と追悼した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です