英エリザベス女王とメーガン妃、初めて2人きりで公務に

ロイター によると。

英国のヘンリー王子と先月結婚したばかりのメーガン妃が、初めてエリザベス女王と2人きりの公務に赴き、王室専用列車で北西部チェシャー州の都市チェスターを訪れた。

この日のメーガン妃は、肩がケープで覆われ、ウェストに黒いベルトの付いたジバンシーのクリーム色のドレス姿。

一方、女王は明るいライムグリーンのアンサンブルを着用。緑色はちょうど1年前のロンドンの高層公営住宅グレンフェル・タワー火災を追悼する意味合いがある。

2人はマージー・ゲイトウェイ・ブリッジの開通式に出席し、その後チェスターの町に向かい、多くの人々の歓迎を受けた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です