波紋広がる巨人・澤村「六本木暴行事件」

東スポWeb によると。

 巨人・澤村拓一投手(26)の「六本木クラブ暴行事件」が波紋を広げている。17日発売の「週刊文春」が報じたもので、クライマックスシリーズ(CS)直前の10月8日深夜、六本木のクラブで澤村が同じフロアにいた男性とトラブルになり、澤村に暴行を受けた男性が警視庁麻布署に被害届を出したという。だが同席したとされる、もう一人の大物投手は現場にはいなかった…。

 問題となったのは、17日発売の「週刊文春」。「スクープ CS直前、警察沙汰を起こした“投げる野獣”巨人澤村拓一『六本木クラブ暴行事件』」と題した記事では、澤村と男性のトラブルを報じている。その後、暴行を受けた男性から所轄の麻布署に被害届が提出されたものの、最終的には示談になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です