低気圧急発達 北海道は猛吹雪 全国的にも大荒れ

ウェザーマップ によると。

 北海道沖で低気圧が急発達しているため、日本付近は冬型の気圧配置が強まり、強い寒気が流れ込んでいる。あす18日にかけて北日本や日本海側と山間部で猛吹雪・大雪、また全国的に暴風・高波に警戒が必要だ。

 北海道付近で急激に発達している低気圧は、今後は動きが遅くなり、あす朝にかけて北海道付近にとどまる見込みだ。日本付近の冬型の気圧配置はあすにかけて続き、全国的に最大瞬間風速30メートルを超えるような暴風と6メートル以上の高波が予想されている。

【北海道】 外出は極力控えるように
 見通しの全くきかない猛吹雪が予想されるため、外出は非常に危険な状態だ。あすにかけて陸上でも最大瞬間風速35メートルという台風並みの暴風が予想されている。また、低気圧に伴う比較的暖かい空気の影響で湿った雪となるため、着雪やそれに伴う停電などに警戒が必要だ。あす朝にかけて予想される雪の量は80センチ。10メートル近い高波や高潮にも警戒が必要となる。

【北陸】 雷を伴った吹雪に
 特に北陸周辺では雪雲が発達しやすい状況が続くため、雷を伴って雪が強く降るおそれがある。風も強い状態が続くが、竜巻などの突風も起こりやすいため注意が必要だ。あす朝にかけて予想される雪の量は100センチ。先週からすでに多くの雪が積もってる地域では特に、雪崩にも警戒が必要だ。

【東北、西日本日本海側、東日本の山地】 きょういっぱいは吹雪
 日本海側と周辺の山間部では、吹雪が続く。東北では内陸や太平洋側でも吹雪となる所がある見込みで、九州北部では平野部でも積雪が予想されている。あす朝にかけて予想される雪の量は、東北・関東甲信の山沿い・岐阜県で80センチ、近畿北部・山陰で60センチ、九州北部で30センチとなっている。

【東海と西日本太平洋側】 山地は大雪・平地も積雪のおそれ
 強い寒気が南下しているため、高知など太平洋側の沿岸部でも雪となっている所がある。あす朝にかけて、四国や紀伊半島の山地で20~30センチの雪が予想されているほか、平野部でも積雪のおそれがある。特に近畿中部や東海の平野部では今夜からあす午前中にかけて、3~5センチ程度の雪が予想されている。

【関東平野部と沖縄】 強風に注意
 雪の心配がない地域でも、強風や高波には注意が必要だ。特に関東の沿岸部では、交通機関に影響が出るおそれもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です