見どころなく、極めて低調だった新生日本代表。チームを“破壊”したアギーレ、驚きのスタメンに隠された意図とは?

フットボールチャンネル によると。

まだ壊しただけの状態。何も見えていない

 近年稀に見るぐらい低調な内容だった。ただ、アギーレ監督はザッケローニ前監督と違って「壊す」ところから始めている。今回は壊しただけで終わってしまったが。

 ザッケローニ前監督はW杯ベスト16のチームを継承した。W杯というより、岡田監督が本大会で戦術を変える以前のチームなのだが、ザッケローニはすでにある日本のサッカーを尊重する形でスタートしていた。

一方アギーレ監督は、選手の起用法や従来の戦術を踏襲するのではなく、新たに自分の考えに選手を当てはめて緒戦に臨んでいる。チームの完成度が低いのは、ある程度仕方がないところではある。

 しかし、それにしても内容にみるべきものが少なかった。日本の長所だったコンビネーションを使った攻撃は跡形もなくなり、パスワークのテンポもアイデアもない。森重、細貝、田中のMFで組み立てるのは難しかった。初代表の坂井のミスから先制を許し、2点目もクリアミスが発端。攻守ともに良いところなしだった。

 高く跳ぶには、いったん低く屈む必要がある。次につながる敗戦であってほしいし、まあこれ以上悪くもならないが、緒戦に関しては新生・日本代表が何を目指しているのかすら、うっすらと推測するほかはないプレーぶりだった。
.

4-3-3のイメージ。監督にとって重要な利き足

 システムは4-3-3でスタートした。4-3-3は非常にバランスのいいシステムで、それぞれのポジションにいれば自然とバランスがとれる。例えば、4-4-2ならフィールドの空いている部分をどう埋めながら攻め、守るかが問われるが、その点4-3-3は戦術的に簡単なシステムといっていいかもしれない。ただ、そのぶん個々のスキルは要求される。個々のスキルでウルグアイに負けていたのは敗因の1つだった。

 アギーレ監督は状況に応じてシステムを変化させることを示唆している。4-3-3から変化する場合のキーマンは中盤の底に位置する選手だ。ウルグアイ戦では森重のポジションである。

 実際、攻撃時には森重が引いて3バックを形成して両サイドバックを前へ、ウイングの本田と岡崎が中へ、という変化があった。守備のときは本田、岡崎が引いて4-1-4-1の形になっていた。

 引いたときには1トップが前線に残るだけなので、ここへのロングボールが収まらないとなかなかカウンターアタックができない。1トップにはポストプレーヤーが必要になる。皆川はアギーレ監督の構想に近いタイプなのだろう。

 フィールドの右側が右利き、左側に左利きを置いたのも特徴的だった。パスをつなぐには、確かにそのほうがアングルが良いので理にかなっている。FWの両サイドに関しては左利きの本田が右サイド、右利きの岡崎が左サイドと「逆足」になっているが、これはFWの前方には味方がいないので、逆足のほうがゴール方向へのプレーがしやすいからだ。

 MFの左側に田中、センターバックの左に坂井と左利きを使っている(長友は右利きだが、両足利きという認識なのだろう)。これも監督の考え方に選手を当てはめた部分だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です