「北欧の食と暮らし」イベント 週末にはデザイン市

みんなの経済新聞ネットワーク によると。

 昨年秋に初開催して好評だったイベント。今年も北欧料理をベースにした特別メニューを提供するほか、期間中の週末限定で日本でもファンの多い北欧食器ブランドのデッドストック商品などを販売する。

 北欧諸国は長い冬を乗り越えるため塩漬けや薫製などの食の知恵が発達していることで知られ、同イベント期間中は「北欧の食文化と日本の発酵や保存の知恵を重ね合わせた」オリジナルメニューや、北欧ならではの定番料理をアレンジしたメニューを10品目以上用意する。

 主なメニューは、ブランチセット(11時30分~14時30分)=「たっぷり森のきのこの濃厚スープ」(1,350円)、「ノルウェーサーモンのディルクリームスープ」(1,450円)。アラカルト(17時~)=「フィンランドミートボール ベリー煮込み」(880円)、「ノルディックロールキャベツ」(1,380円)、「ハッセルバックポテト」(580円)など。

 同店が「イベントの目玉」と話すのが、10月20日・21日開催の「暮らしのデザイン市」。北欧のテーブルウエアブランドとして知られる「イッタラ」「アラビア」のデッドストック品や、「ステルトン」「ケーラー」などの商品を取りそろえるほか、日本フィンランドデザイン協会の協力で現地で活躍するデザイナーの作品展示・販売も行う。

 担当者は「デザイナーも来日し、フィンランドの最先端のライフスタイルやデザインを存分に感じていただける。北欧や日本でも長く親しまれてきたテーブルウエアから、最新の北欧デザインアイテムまでが一堂に会する貴重な機会となっており、北欧の新しい一面が見えてくるかも」と話す。

 営業時間は11時30分~22時30分。「暮らしのデザイン市」は両日10時~17時。今月26日まで。

「セレブ」な真央、アイスホッケー練習中「大会参加できたら…」

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケート女子の2010年バンクーバー五輪銀メダリストで、昨年4月に現役を引退した浅田真央さん(28)が18日、東京都内で行われたネピアのティッシュ「鼻セレブ」のイベントに出席。自身が演出も手がけるアイスショー「浅田真央サンクスツアー」の公演の合間にアイスホッケーの練習をしていると明かし、「大会に参加できたらいいですね。趣味程度ですけど」と笑った。

浅田真央、ゴージャスなドレス姿で登場「ゴージャス感を出したいと思って。ワクワクするし、気分が上がります」

時事通信 によると。

 フィギュアスケートの元世界女王・浅田真央さんが18日、東京都内で開催された「鼻セレブcafe『鼻屋敷』」のPRイベントに出席した。

 浅田さんはこの日、肩を露出させた豪華なドレス姿で登場。「ゴージャス感を出したいと思って。ワクワクするし、気分が上がります」と笑みを浮かべた。

 席上、「今後、チャレンジしたいことは?」と聞かれた浅田さん。「趣味程度ですが、アイスホッケーをやっています」と明かし、「大会に参加できたら」と目標を語った。

 また、全国各地を回るアイスショー「浅田真央サンクスツアー」について、「最後まで滑り切りたい」とコメント。現役のフィギュアスケート選手に向けても、「これから大きな試合が待っていると思う。けがなく無事にシーズンを終えてほしい」とエールを送った。

 「鼻屋敷」は、来年で発売15周年となる「ネピア 鼻セレブティッシュ」のリニューアルを記念し、東京・表参道に開設される邸宅風のカフェ。19日から31日まで。

高橋大輔、今季の最終目標「全日本選手権の最終グループで滑ること」

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケート男子の高橋大輔(32)が10日、大阪市中央公会堂で行われたイベント「8Kで甦る! 高橋大輔選手感動のNHK杯」に登場した。400人の一般ファンとともにシニアデビューの2002年から13年までの映像を見て、当時を振り返った。

 7月に現役復帰を表明し、復帰戦となった今月の近畿選手権では3位。壇上で過去の映像と比較して「今大会の表情は若い気がする。(理由は)充実感なんですかね」と初心に帰って演じていることを明かした。

 今季の最終目標を問われると、改めて「全日本選手権の最終グループで滑ること」と語った。11月1日開幕の西日本選手権(名古屋)で好成績を残し、全日本選手権の切符を手に入れる。

ディズニーのオリジナルブランドと北欧インテリア、フィギュアスケート・健康の話題アラカルト