八木沼純子、美しい滑りの上にジャンプの技術がのる”紀平梨花”

日刊スポーツ によると。

シニア1年目の紀平梨花(16=関大KFSC)が初出場優勝の快挙を飾った。女子ショートプログラム(SP)に続き、フリーも1位の150・61点をマークして自己ベストの合計233・12点を記録。平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)金メダルで前回女王のザギトワを総合力で上回り、ロシア勢5連覇を阻止した。

紀平選手のトリプルアクセルは助走からジャンプ、回転、ランディング、そして降りた後の流れ、と一連の動作に無理がなく、特にバランスが取れていると思います。余裕をもって跳べるので力が1つの部分に偏っているように見えません。彼女はもともと確かなスケーティング技術を持っていた印象があります。一蹴りに伸びがあり、スケート靴のエッジも正確に深く使えることができます。その美しい滑りの上に、ジャンプの技術がのっている印象です。

失敗した最初のトリプルアクセル以外は全て加点をもらいました。高評価の1つの理由として身体的な強さが挙げられます。体幹を鍛えているので1つ1つのポジションが美しく、ジャンプもスピンも軸がしっかりしている。スケーティングも筋肉の力を下半身にうまく伝え、力強くかつしなやかに滑ることができています。また、スタミナがあるので最後までスピードも落ちません。流れるような演技が高いGOE、演技構成点につながっています。

今季は一戦ごとに成長している印象で、伸びしろもまだまだあります。今季後半戦の戦いがどうなっていくのか、自信と経験をつけた紀平選手の進化に期待したいです。

ザギトワ足を負傷していた、TVケーブルで足をひねるも強行出場?

デイリースポーツ によると。

 女子フリーが行われ、SP2位の平昌五輪金メダリスト、アリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=はフリー2位の148・60点、合計226・53点で、2位に終わったが、ザギトワはフリー直前に、足に負傷をしていたことが判明した。ロシア国営のタス通信は同国スケート連盟のアレクサンダー・コガン総監督の話として、「ウオーミングアップ中にアリーナは足を少し捻挫した。大きな問題ではなかったが」と、明かした。「SPORT.ru」によると、カナダスケート連盟のテッド・バートン氏が、ザギトワがテレビのケーブルでつまずき、負傷したことを発表。同氏によると、コーチ陣は欠場も検討したが、ザギトワ自身が出場を望んだという。

 女子の頂上決戦は、SP1位の日本の紀平梨花(16)=関大KFSC=が、フリー1位の150・61点をマーク。トータルでは今季ベストの233・12点で初優勝を果たした。GPシリーズ参戦初年度でファイナルを制したのは、日本勢では05年の浅田真央以来の快挙となった。

 自国の女王が敗れたことについて、ロシアメディアも大きく報道。スポーツ紙「スポルトエクスプレス」は、「ザギトワが王位を失った。素晴らしい日本の女性がそれを奪い去っていった」と見出しで報じ、「連続ジャンプのミスの後、集中して戦ったが、勝つには完ぺきでなければならなかった」と、厳しい戦いを総括した。紀平については「ロシア選手の構成は紀平を超えられない。技術点で優位に立ち、構成点も五輪チャンピオンとほぼ同等になっている」と、その成長に舌を巻いた。

 浅田真央らも指導した同国の名コーチ、タチアナ・タラソワ氏のコメントも掲載。ザギトワについて「いつも1番にはなれない。彼女のプログラムはもっと面白くなっていく」と、思いやった。一方で紀平についても「強力な技術基盤を持つライバルができた」と、称賛していた。

宇野昌磨、2大会連続銀も日本男子14大会連続のメダル

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートのグランプリファイナルは8日(現地時間7日)、男子フリーが行われ、平昌五輪銀メダリストでショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(20=トヨタ自動車)は183・43点、合計275・10点で、逆転ならず2位。ファイナル初制覇はならなかった。

 優勝はネーサン・チェン(19=米国)で、フリーもトップの189・43点、合計282・41点をマークし、前回大会に続く2連覇を飾った。

 宇野は平昌冬季五輪で銀メダル。17、18年世界選手権、18年四大陸選手権でいずれも2位と、大きな国際大会で2位が続いており「今回こそはという気持ちで挑んだんですけど」と語った。それでも日本男子はこれでGPファイナル14大会連続のメダルを獲得した。

 一方女子はSPで紀平梨花(16=関大KFSC)がルール改正後の今季世界最高となる82・51点を叩き出して首位発進。冒頭の3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)に成功するなどミスのない演技で、前回女王で平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(16=ロシア)に4・58点差をつけている。日本勢としては2013年の浅田真央以来の優勝、また、2005年の浅田以来となるGPデビューシーズンでのファイナル制覇の快挙に挑むことになる。

 フリーは日本時間9日の午前6時55分から予定されており、紀平は最終演技者で午前7時41分頃登場予定。SP6位の宮原知子(20=関大)は2番滑走で午前7時10分頃、SP4位の坂本花織(18=シスメックス)は3番滑走で午前7時18分頃、ザギトワは4番滑走で午前7時26分頃の登場予定となっている。

ディズニーのオリジナルブランドと北欧インテリア、フィギュアスケート・健康の話題アラカルト